移働の時代〜Beyond the Coworking〜 Vol.7 in 京都 「リモートワークが実現するこれからの働き方とコワーキングの役割」

Description


移働の時代〜Beyond the Coworking〜 Vol.7 in 京都

「リモートワークが実現するこれからの働き方とコワーキングの役割」


主催:移働の時代in京都実行委員会
共催:京都リサーチパーク株式会社・株式会社ツナグム・antymark

【1】イベント概要
 
「Beyond the Coworking」とは、コワーキングスペースがもはやただの作業場ではなく、そこを利用する人たちの地域におけるあらゆる課題、目的を解決、達成し、以ってローカル経済を駆動するためのハブとして機能させるようになってきている、という現実を現しています。
 
また、新しい働き方のひとつとしてリモートワークがようやく日本でも実践されるようになり、コワーキングがリモートワーカーにとってより重要なインフラとして必要とされてきていますが、上記の地域の課題の解決とこのリモートワークは実は非常に密接な関係にあり、リモートワークを前提とすることでさまざまな可能性が拓けてきます。
 
本イベントは東京市ヶ谷のDNPプラザで「知と学びのコミュニティ」の一環として過去、6回開催された企画のその続編として、これからの新しい働き方、生き方を提示しつつ、社会のさまざまなパラダイムの変革を実現する人々のつながりと共有の場を、全国各地に広げていくものです。
 
ということで今回は、はじめての京都での開催です。
 
「コワーキングは究極のネットワーキングであり、リモートワークは究極のタイムマネジメントである」ということを前提に、コワーケーション、コリビングの海外の先進事例を交えつつ、京都を拠点とするコワーキング事情とリモートワーカーの実態についても共有しながら、これからの新しい働き方(=生き方)について見識を深め、我々の次の行動指針を得ることを目的とします。
  
【2】対象
 
 ・社会に学びの機会を求めている方
 ・ソーシャルラーニングに興味のある方
 ・リモートワーカー・テレワーカーまたはそれを志向される方
 ・コワーキングスペース利用の方
 ・コワーキングスペースを運営されている方
 ・コワーキングスペースを運営しようと考えている方
 ・地域にコミュニティの構築を企図されている地方行政の方
 ・リモートワークの導入を検討している企業の方
 ・新しい働き方に興味のある方
 ・多拠点ライフに関心のある方   ほか
 
【3】タイムテーブル
 
 18:30〜(30分)受付開始
 19:00〜(40分)「リモートワークが実現するこれからの働き方とコワーキングの役割」
  プレゼンター:伊藤富雄氏
 19:40〜(40分)トークセッション「京都の今とこれからとは?」
  伊藤富雄氏×池田大介氏×松波直秀氏
 20:20〜(35分)グループセッション
  参加者によるワーク+発表
 20:55(5分)告知タイム
 21:00 終了・撤収➔ 希望者で懇親会(別会場)
 
【4】開催日時・場所
 
日 時:2018年11月19日(月)19時〜21時
    ※18時半〜受付開始、19時〜スタート、21時終了・撤収
    →撤収後は近隣の居酒屋にて懇親会を予定
場 所:〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
    KRP(京都リサーチパーク) KISTIC 2階 ラウンジ
    (地図
 
【5】定員
 
40名
 
【6】参加費
 
1,000円
(※チケットをお申し込みの上、当日、会場にて現金でお支払いください)
(※イベント終了後の懇親会費はワリカンです)
 
【7】スピーカー

●伊藤富雄氏(経産省認可法人「コワーキング協同組合」代表理事/カフーツ主宰)



リモートワーク・ハッカー。ライター、編集者。Webビジネス・コンサルタント。
2010年、日本で最初のコワーキングスペース「カフーツ」を神戸に開設。2012年、コワーキング協同組合設立、現職。2014年、コワーキングマガジン発行。2016年より全国のコワーキングスペースをめぐる旅「コワーキングツアー」を開始。目下の活動テーマは、コワーキングとバケーションを同時に実現するコワーケーションと、そこを起点とする起業創業のためのビジネス・リレーションシップ構築の啓発と普及。リモートワークの時代におけるコワーキングについて情報共有するイベント『移働の時代〜Beyond the Coworking』を開催中。現在、「新しい働き方」をテーマにしたウェブメディアの編集長として公開準備中。
著書に『グレイトフルデッドのビジネスレッスン#』(翔泳社:翻訳)など。ブログは「カフーツ式BlogMagazine」。トイロハにてコワーキングをテーマにコラム執筆中

●池田大介氏(コワーキングスペース小脇・エンジニア)


 
10年前に会社員から独立しフリーに。 本業(システム開発)の傍ら、7年前に京都で初めてコワーキングスペースを立ち上げる。 その後、コワーキングでできた仲間と案件のシェアをしたり、独自サービスを作ったりと活動の幅を拡げる。 最近は、スマートスピーカーに魅せられて「VoiceApp lab」という音声UIチームを結成。 楽しみつつ真剣にスキルを作り倒していると、予想外にも色々と大企業さんからお声がけいただき、多数の音声UI案件を手がける。 チームとして、LINE Monthly Developer受賞、Amazon Alexa Skill Awardsファイナル進出、Google(米国)とのプロジェクトに関わってる。 その他、スタートアップ2社のCTO・役員を務める。 コワーキングとの出会いがきっかけとなって自分が何者が良くわからないくらい活動が多岐にわたってしまった「フリーランスエンジニア」。

●松波直秀氏(antymark・代表)



紙媒体・WEBのデザインからプログラム開発を経てWEBディレクションに携わる。2008年からantymarkとして映像や照明などを使用した空間演出を行う。その後、プログラミングによるインタラクティブコンテンツの制作を開始し、近年ではプロジェクションマッピングを中心に、デジタルコンテンツの開発・イベントの企画・セミナーやワークショップなども行っている。また、コワーキングスペース・カフェ・公園など、場所に囚われない働き方を模索中。
 
【8】司会進行プロフィール

●タナカユウヤ(株式会社ツナグム)


 
1984年生まれ。滋賀県出身、京都在住。2015年3月、株式会社ツナグムを起業。現在、起業支援拠点の運営やスタートアップのコミュニティ支援、商店街の活性化、地域やまちをつなぐ場の企画運営など京都を拠点に人と企業、地域とのつながりから新しい事業やサービス展開を行っている。仲間と共に展開する京都への移住促進事業「京都移住計画」は、全国各地への広がりを生んでいる。   

【主催】移働の時代in京都実行委員会
【共催】京都リサーチパーク株式会社・株式会社ツナグム・antymark
 
ぜひ、ご参加ください。
 
 
(以上)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#383869 2018-10-31 09:28:48
More updates
Mon Nov 19, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
KRP(京都リサーチパーク) KISTIC 2階 ラウンジ
Tickets
参加費1,000円(当日会場にて現金払い)
Venue Address
京都市下京区中堂寺南町134 Japan
Organizer
Beyond the Coworking
125 Followers